[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

なでしこジャパン、西村雄一プロフェッショナルレフェリーが文部科学大臣表彰を受賞

6月29日(水)、文部科学省主催の「スポーツ功労者顕彰、国際競技大会優秀者表彰の受賞者及びスポーツ功労団体表彰の受賞団体の顕彰・表彰式」が行われ、サッカー競技からはなでしこジャパン(FIFA 女子ワールドカップ カナダ 2015 準優勝チーム)とプロフェッショナルレフェリー 西村雄一氏が表彰されました。 受賞者コメント 西村雄一 プロフェッショナルレフェリー今回の顕彰に際しまして馳浩文部科学大臣より、「スポーツ審判員は競技の向上発展のためにとても大切な存在である」というご理解をいただきましたことに、心より感謝申し上げます。 また、新たな顕彰・奨励の新設に向けてご尽力いただいた文部科学省の皆様、スポーツ庁の皆様、日本オリンピック委員会の皆様、携わっていただいた皆様、そして、日頃私を支えてくださるすべての皆様に深く感謝申し上げます。ありがとうございます。 以前、馳大臣が文部科学大臣に就任される前に、スポーツ審判員のおかれている環境についてお話をさせていただく機会があり、職場への配慮や社会的な理解など、審判活動を続けるための様々な困難な状況について意見交換をさせていただきました。その後、大臣に就任されて真っ先に「スポーツ審判員の活動をスポーツ庁長官から奨励する」ことを制定してくださいました。馳大臣が「審判員が堂々と誇りをもって積極的に活動できるように」と、行動を起こしてくださったことが何よりも嬉しいことでした。本当に感謝しております。このスポーツ庁長官奨励をきっかけに、全てのスポーツに関わる審判員の方々への理解や環境が少しでも整い、多くの審判員が益々活躍できるようになることを願っております。 今回の顕彰は、長年にわたり日本サッカー協会が審判員へのサポートを継続してきたこと、審判委員会がサッカーの魅力を最大限に発揮できることを目標に取り組んできたこと、そして、審判員と審判指導者が選手が活躍できるように全力を尽くしサッカーの発展に貢献してきたこと、これらの功績と皆様の努力を讃えた顕彰だと思っております。 今後も、サッカーを通じて素晴らしい感動が皆様に届き、幸せあふれる豊かな日々を過ごせるように、より一層の精進に努めたいと思います。

...
2
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

なでしこジャパン、コスタリカと練習試合 5-0で勝利

練習試合 vs コスタリカ女子代表2017年4月11日(火) 13:00キックオフ 試合時間90分(45分ハーフ)@熊本県民総合運動公園陸上競技場 得点10分 猶本光23分 籾木結花31分 杉田亜未56分 熊谷紗希90+2分 中里優 スターティングメンバーGK:山下杏也加DF:杉田亜未、中村楓、熊谷紗希、市瀬菜々MF:猶本光、隅田凜、増矢理花、中島依美FW:籾木結花、上野真実 サブメンバーGK:山根恵里奈、池田咲紀子DF:高木ひかり、佐々木繭MF:宇津木瑠美、中里優FW:大矢歩 交代57分 隅田凜 → 中里優63分 籾木結花 → 大矢歩69分 市瀬菜々 → 高木ひかり マッチレポート なでしこジャパンは4月11日(火)、前々日に行われたキリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~で対戦したコスタリカ女子代表と練習試合を行い、5-0で勝利しました。 開始早々から積極的にプレスをかけてくるコスタリカに対し、日本は両サイドからバランス良く攻撃を仕掛けていきます。10分、MF中島依美選手のシュートのこぼれ球をFW上野真実選手が拾い、籾木結花選手から最後はMF猶本光選手がゴールを決め、日本が先制します。23分はも左サイドからの攻撃が起点となり、籾木選手がシュート。これが決まり、2-0とします。31分には左サイドバックの杉田亜未選手がパス交換から前線へと上がり、中央からシュートを放ち、ゴールネットを揺らします。日本はコスタリカのシュートを1本に抑え、決定的なチャンスを作らせることなく、前半を3-0で折り返しました。 後半に入り、56分には右サイドでフリーキックを獲得。キッカーの猶本選手のボールにDF熊谷紗希選手が頭で合わせ、4-0とさらに点差を広げます。前々日の試合では守備面で課題だったラインコントロールを意識し、日本はその後もコスタリカに得点を与えません。アディショナルタイムには途中出場のMF中里優選手が追加点。5-0でコスタリカ女子代表との練習試合を終え、9日間にわたる熊本でのトレーニングキャンプを勝利で締めくくりました。 監督・選手コメント 高倉麻子 監督(2試合を振り返って)攻守ともに、チームとしてやろうとしたことを少し表現できたかと思います。いろいろな選手が点を取れたことはひとつのチームの方向性という意味ではよかったですが、攻守ともに、強度も精度もまだまだ上げていかなければなりません。チーム全体で失敗した場面、上手くいった場面を共有して、会話が成立しているので、皆が同じ絵を描けるようになってきたことは、チームとして進んできていると感じています。判断する力、テクニックをさらに磨くこと、体の強さ、心も体も技術も、心技体智、まだまだ学ぶところがあると思います。次の活動までにまた、それぞれを上げていってほしいです。 DF #4 熊谷紗希 選手(オリンピック・リヨン/フランス)いいチャレンジができた前後半でした。(自身のゴールは)セットプレーで点が取れてよかったです。課題は球際、コンタクトの部分。コスタリカ相手にも奪いきれない、寄せきれないという場面がいくつかあったので、個のレベルアップは今後必要だと思います。攻撃面では、いろいろな形を持ってスコアに出来て、自分たちのいいところを出せたのは収穫です。 MF #12 猶本光 選手(浦和レッズレディース)(得点シーンを振り返って)籾木選手がうまく流してくれて、GKが右側に動いたのがわかったので流し込みました。ボランチで組んだ隅田選手は、ラ・マンガ(国際大会)でも一緒にやっていたので心地よくプレーすることが出来ました。コスタリカはプレッシャーが速く、捕まったらパワーがあったので、間合いやタイミングがもっとつかめたらと思いました。もっと早く上がっていけたらと思う場面があり、個人的にはあと2点逃したと感じています。守備の面でも、もっとボールを取り切れるようなプレーを増やしていきたいと思います。 スケジュール 4月3日(月) PM トレーニング 4月4日(火) AM/PM トレーニング 4月5日(水) AM/PM トレーニング 4月6日(木) AM/PM トレーニング 4月7日(金) PM トレーニング 4月8日(土) 17:3018:00 公式記者会見(熊本県民総合運動公園陸上競技場)公式練習(熊本県民総合運動公園陸上競技場) 4月9日(日) 3-0 キリンチャレンジカップ2017~熊本地震復興支援マッチ がんばるばい熊本~vs コスタリカ女子代表(熊本県民総合運動公園陸上競技場) 4月10日(月) AM トレーニング 4月11日(火) 5-0 練習試合 vs コスタリカ女子代表(熊本県民総合運動公園陸上競技場) ※スケジュールや会場は変更になる場合がございます。

...
4
熱いで!関西女子サッカー

2017年 関西学生女子選抜

こんばんは。  このたび、熱いで!関西のブログをやらせてもらいます。 姫路獨協大学の辻です。よろしくお願い致します。 さて、2月20日(月)~2月23日(木)に静岡県御殿場市の御殿場スポーツセンターで行われます、大学女子サッカー地域対抗戦に関西代表として出場する関西選抜のメンバーを紹介させて頂きます。 なお、関西から学連選抜に選ばれたメンバーも紹介します。 関西選抜 GK 吉原南美(聖泉大3年) 海野華菜(大体大3年) DF 上西加奈子(姫獨大2年) 岸田尚子(武庫女大2年) 鈴木彩香(聖泉大1年) 小野霞(大体大1年) 田中楓子(大体大2年) 世瀬芽衣子(大国大1年) MF 村田美枝乃(姫獨大3年) 多田彩華(姫獨大2年) 渡辺佳奈美(姫獨大2年) 吉田紫穂(大体大3年) 須恵裕貴子(親和女大3年) 倉橋香帆(追手門大2年) 小川 くるみ(大体大3年) 中村未波(関学大3年) FW 谷口木乃美(京教大3年) 石淵萌実(関学大2年) 坂田絵里(追手門大2年) 井之脇朱音(大体大1年) バックアップ GK 岸本茉桜(武庫女大2年) DF 小路葉都紀(武庫女大1年) 尾崎千春(大体大3年) MF 川相愛里(追手門大2年) 今田伶那(大体大1年) 学連選抜 DF 藤井菜緒(大体大3年) MF 山口千尋(姫獨大2年) 原優香(姫獨大1年) 鈴木千尋(大体大1年) FW 持田なな(大体大2年) 以上が選抜メンバーです。 関西代表として頑張ってください。 <今後の予定> 練習試合 日時 2017年2月12日(日)       場所 追手門学院大学 人工芝グラウンド      対戦相手 ASハリマアルビオン 地域対抗戦      日時 2017年2月20日(月)~2月23日(木)      場所 御殿場スポーツセンター(静岡県御殿場市)

...
5
熱いで!関西女子サッカー

個人賞

こんばんは。 姫路獨協大学の間明です。 ご無沙汰ですっ!笑 秋季リーグも終わり、残すところは あとインカレのみになりました。 関西代表として4チームは全力で頑張ります!!! そして24日からインカレが始まりますが、 3回戦まで、兵庫県の三木防災ですべての試合が 行われなすので、ぜひ応援にお越しください!!! そして、本題の秋季リーグの個人賞は下の文字を クリックしてアクセスしてください。 10.pdfをダウンロード では、おやすみなさい。

...
6
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

なでしこジャパン アメリカ女子代表との国際親善試合 第2戦を戦う

国際親善試合 アメリカ女子代表 vs なでしこジャパン(日本女子代表)2016年6月5日(日) キックオフ 13:00(現地時間) 試合時間90分(45分×2)FirstEnergy Stadium(アメリカ/クリーブランド) アメリカ女子代表 2-0(前半1-0、後半1-0)日本女子代表※雷雨のため76分で試合が中断し、中止 得点27分 失点62分 失点 スターティングメンバーGK:山根恵里奈DF:宇津木瑠美(C)、熊谷紗希、高木ひかり、川村優理MF:阪口夢穂、中里優、増矢理花、杉田亜未FW:岩渕真奈、菅澤優衣香 サブメンバーGK:山下杏也加、池田咲紀子DF:有吉佐織、村松智子、佐々木繭MF:中島依美、千葉園子FW:横山久美 交代HT 杉田亜未 → 中島依美HT 菅澤優衣香 → 千葉園子56分 川村優理 → 有吉佐織64分 岩渕真奈 → 横山久美65分 増矢理花 → 佐々木繭 マッチレポート なでしこジャパン(日本女子代表)は5日(日)、オハイオ州クリーブランドのFirstEnergy Stadiumでアメリカ女子代表と国際親善試合の第2戦を行いました。 第1戦を3-3で引き分けた日本とアメリカの第2戦には、23,535人の観客が集まりました。日本は第1戦からスターティングメンバーを大きく入れ替え、GKに山根、ディフェンスラインは左から宇津木、熊谷、高木、川村、中盤は阪口と中里、左右に増矢、杉田を揃えるとトップ下は岩渕、1トップに菅澤の各選手を配置。序盤からシュートを放つアメリカに対し、日本も攻撃の形を作ろうとします。8分には左サイドの宇津木瑠美選手からペナルティエリアの中央の菅澤優衣香選手へ、11分には阪口夢穂選手から相手DFの裏に抜けだした岩渕真奈選手にそれぞれボールが渡りますが、いずれもわずかに合いません。12分にはペナルティーアークの右端付近でフリーキックを獲得するも、杉田亜未選手の蹴ったボールはバーの上へ。試合が動いたのは27分、右サイドからのフリーキックをクリアしきれずに拾われたボールが起点となり、左サイドからクロスが上がります。走りこんだジュリー・ジョンストン選手に決められて、日本は失点を許します。 前半を0-1で終え、日本は後半開始とともに千葉園子選手、中島依美選手を投入。トップ下の岩渕選手を前線に配置し、なんとか1点を返すことを試みます。46分、54分とGK山根恵里奈選手と相手FWが1対1となる場面を迎えますが、山根選手のファインセーブで失点を防ぎます。流れを引き寄せたい日本でしたが、62分、右サイドからのクロスに反応したアレックス・モーガン選手にゴールを決められ、0-2とリードを許す展開となります。2点を追う日本でしたが、76分に雷雨のため試合は中断。このまま中止となることが決定しました。なお、この試合の成立については、後日国際サッカー連盟(FIFA)の判断により決定します。 監督・選手コメント 高倉麻子 監督今日の試合は相手のプレッシャーを剥がすことができず、全体的に不安定だったと思います。自分たちのミスから失点シーンが生まれましたが、これが今の実力です。技術的な部分とサッカー理解が足りないところについて、細かい修正をかけていきたいと思います。二試合を通じて、一試合目はいい形で得点できましたが、勝ちきれなかったことが残念で、今日の試合は得点できなかったことが心残りです。自分たちのできること、できないことがはっきりしました。攻守にわたって全員が連動し続けるサッカーを目指し、みんなでもう一歩前に進んで、チーム全体が前進していきたいと思います。 GK #1 山根恵里奈 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)前半の失点は逃げない姿勢が足りなかったと反省しています。チャレンジする中で奪われることがあっても、落ち着いて対応すればクリアできるので、そういったところの詰めの甘さをチームとしても修正していきたいです。結果がどうというよりも、諦めない姿勢や戦う姿勢が大切で、やることは明確でした。これからもっとチャレンジして、自分自身もステップアップしていきたいと思います。 MF #14 中里優 選手(日テレ・ベレーザ)今回の2試合では、普段であればかわせるところでボールを奪われたり、逆に奪っていけるところで相手の足が伸びてきたりと難しい面もありましたが、なでしこジャパンの一員として、今まで経験したことのないスピードやパワーを経験できたことがとても大きかったと思います。 FW #11 菅澤優衣香 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)今回の遠征を通じて、自分よりも若い選手がどんどん入って来るなかで負けていられないという気持ちと、年上の選手たちからはこれまでの経験をどう引き出すことができるかを考えました。得られるものは自分自身も吸収し、若い選手たちに伝えていきたいと思います。チームは技術を積み上げていけばもっと上のレベルに行くことができると思っています。今回、できたことやできなかったことが明確になったので、個人としてもできなかったことは自チームに戻って改善していきたいです。 スケジュール 5月31日(火) AM/PM トレーニング 6月1日(水) AM/PM トレーニング 6月2日(木) 3-3 国際親善試合vs アメリカ女子代表(Dick’s Sporting Goods Park) 6月3日(金) PM トレーニング 6月4日(土) AM/PM トレーニング 6月5日(日) 0-2 国際親善試合vs アメリカ女子代表(FirstEnergy Stadium) ※時間はすべて現地時間。※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。  

...
7
熱いで!関西女子サッカー

2016年 チーム紹介

こんにちは。 このたび、熱いで関西のブログをやらせてもらいます、姫路獨協大学の間明です。 今後は試合結果など更新していこうと思います。宜しくお願いします。 それでは第一発目の更新は、それぞれのチーム紹介を簡単にさせて頂きます。 ○1部 *大阪体育大学 ①大学名 大阪体育大学 ②部員数 38名 ③注目選手 鈴木千尋 広い視野とセンス溢れるパスで攻撃を組み立て、チームに良いリズムを生み出せる。 ④意気込み 去年のインカレの悔しさを忘れることなく、チーム一丸となって日本一を目指して頑張ります。応援宜しくお願いします! *姫路獨協大学 ①大学名 姫路獨協大学 ②部員数 34名 ③注目選手 山口千尋 スピードを活かしたサイド突破からのチャンスメイク&得点力 ④意気込み 獨協らしいサッカーを見せ、全勝優勝を目標にチーム一丸となって戦います。 *武庫川女子大学 ①大学名 武庫川女子大学 ②部員数 26名 ③注目選手 萩原可奈子 豊富な運動量と的確な判断でチームを引っ張ります。 ④意気込み 1戦1戦チームの成長に繋げ、チャレンジ精神をもち戦います! *神戸親和女子大学 ①大学名 神戸親和女子大学 ②部員数 プレーヤー31名 マネージャー2名 ③注目選手 岡本夕季 的確な判断力と身長いかしたセットプレーを武器とし、最終ラインからチームを引っ張る。 ④意気込み インカレ出場を目指してチーム一丸となって頑張ります。 *大阪国際大学 ①大学名 大阪国際大学 ②部員数 52名 ③注目選手 前田 美咲希 気持ち、声でチームを盛り上げる選手 ここぞというときに点を取る力を持っている選手 野々口 明恵 ボールに食らいつこうとするひたむきな姿勢が持ち味。 泥臭くてもいい、自分らしいプレースタイルを持っている選手 ④意気込み 凡事徹底~当たり前のことを当たり前にする~ という今年のスローガンを胸に、感謝の気持ちを忘れず 学生としての自覚をもち、 部員全員の力を合わせ仲間力で優勝を目指したいと思います。 *追手門学院大学 ①大学名 追手門学院大学 ②部員数 25名 ③注目選手 坂田絵里 小柄ですがスピードが持ち味で前線をかけまわる突破力のある選手です。 ④意気込み 今年で創部4年目となり全学年が揃いました。全員で一丸となって見ている方々が応援したくなるような気持ちの入ったプレーをします。 *関西学院大学 ①大学名 関西学院大学 ②部員数 25名 ③注目選手 石淵萌実 得点力と突破力を兼ね備えた 頼れるストライカー ④意気込み 春リーグでは1部の上位4位内に 入ることを目標として戦います! *びわこ成蹊スポーツ大学 ①大学名 びわこ成蹊スポーツ大学 ②部員数 18名 ③注目選手 中山あかり 正確なロングフィード、ミドルシュート ④意気込み 1部に昇格したばかりですが、びわこらしく一丸となって戦います! ○2部 *聖泉大学 ①大学名 聖泉大学 ②部員数 20名 ③注目選手 福嶋千佳 最後の学年としてチームを引っ張る責任感をもち、チームのためにひたむきに汗を掻く選手です。 ④意気込み 昨年に引き続き、奪還、そして挑戦というテーマのもと、日々練習しています。 *関西大学 ①大学名 関西大学 ②部員数 16名 ③注目選手 村田涼夏 スピード感溢れるダイナミックなプレーが特徴 ④意気込み 昨シーズンは悔しい1年となりましたが、今年こそは一部に昇格し、夢のインカレの舞台を目指します! また、見ている人に勇気を与え、私達に関わる全ての人に恩返しができるよう、一生懸命プレーします! 応援よろしくお願いします! *京都文教大学 ①大学名 京都文教大学 ②部員数 プレーヤー19名 マネージャー1名 ③注目選手 菅野里歌 ピンチの時のファインセーブ ④意気込み 春リーグは全勝し自動昇格をし秋リーグにつなげ、秋リーグでは1部を勝ち進んでインカレに出場することです。 *立命館大学 ①大学名 立命館大学 ②部員数 14名 ③注目選手 加島優女 テクニックがあり、プレーの発想も面白く、チームの中心として立命を盛り上げ引っ張ってくれる選手です。 ④意気込み 立命の特徴でもある攻撃力を活かし、目標の1部昇格を目指します。よろしくお願いします。 *京都教育大学 ①大学名 京都教育大学 ②部員数 プレーヤー12名 マネージャー3名 ③注目選手 谷口木乃実 抜群の足元と決定的なシュート力 ④意気込み サッカーを楽しむことを忘れず、みんなから応援されるような全力のプレーで挑みます *大阪教育大学 ①大学名 大阪教育大学 ②部員数 プレーヤー14名 マネージャー2名 ③注目選手 中岡左津記 冷静な判断と頭脳派でガッツ溢れるプレーに期待です! ④意気込み サッカーができる環境と支えてくださっている周りの方々に感謝し、一部昇格を目指して頑張ります!応援よろしくお願いします。 *和歌山大学 ①大学名 和歌山大学 ②部員数 プレーヤー13名 マネージャー3名 ③注目選手 古田祥子 力強い声とナイスなセービングでゴールを守る ④意気込み チーム一丸となって自分達のサッカーをやりきる! *兵庫教育大学 ①大学名 兵庫教育大学 ②部員数 プレーヤー15名 マネージャー6名 ③注目選手 小倉若菜 運動量豊富なチームの大黒柱で頼れるキャプテン ④意気込み このメンバーでできる最後のリーグなのでチーム一丸となって兵教らしく一生懸命頑張ります。 *明治国際医療大学 ①大学名 明治国際医療大学 ②部員数 13名 ③注目選手 野田有紗 スピード、持久力、向上心 ④意気込み 出来たばっかりのチームですが13人で2部優勝を目指して一戦一戦、戦っていきます。

...
8
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

なでしこジャパン高倉監督が「MS&ADサッカー教室 in 長崎」で県内の小学生たちとサッカーを楽しむ #jfa #daihyo #nadeshiko #なでしこ

3月25日(日)、MS&ADサッカー教室 in 長崎がトランスコスモススタジアム長崎で行われました。この教室は、4月1日(日)に同スタジアムで開催する「MS&ADカップ2018 なでしこジャパン vs ガーナ女子代表」の特別協賛社のMS&ADインシュアランスグループおよび一般社団法人長崎県サッカー協会の共催で行われました。 なでしこジャパンの高倉麻子監督をはじめ、U-20日本女子代表の池田太監督、元なでしこジャパン海堀あゆみ氏、原菜摘子氏をゲストに迎え、長崎県内の小学生男女90名が元気にボールを追いかけました。当日は天候にも恵まれ、水分補給をしながら参加者はいい汗を流しパス&コントロールやミニゲームを楽しみました。 最後にハイタッチをして、サッカー教室を締めくくりました。 指導者コメント 小村貴光さん(一般社団法人長崎県サッカー協会 キッズ委員会)県内各地から集まった1年生から4年生の小学生たちが、なでしこジャパンの高倉監督やなでしこOGの方々と楽しく、そして学びのある非常に素晴らしい体験ができたことを心からうれしく思います。長崎県のサッカーにとって、大きな追い風をもたらしてくれた今回の教室の開催に心から感謝しています。この経験は、参加した小学生だけでなく、運営に携わった全ての指導者の心の中に、とても大切なものとして、いつまでも残り続けることを確信しています。4月1日(日)の試合を含め、これまで以上に、力強く、なでしこジャパンを応援し続けていきます。本当にありがとうございました。 参加者コメント 長江愛夢さん(ES.VINCERE 4年)高倉監督と元なでしこジャパンの選手と楽しくサッカーできたのがよかったですし、会えたのが嬉しかったです。 田嶋笑さん(FOOTBALL CLUB GOFER 2年)/中嶋治弥さん(相浦SSC 1年)/片岡大進さん(ゴラッソ横尾 3年)とりかごやミニゲームをしたのが楽しかったです。普段練習しているメンバーとは違う、いろんな人達と蹴れたことも楽しかったです。 2018年4月1日(日) 13:30 キックオフ(予定)なでしこジャパン(日本女子代表) 対 ガーナ女子代表長崎/トランスコスモススタジアム長崎チケット絶賛発売中!詳しくはこちらその他大会情報はこちら AFC女子アジアカップヨルダン2018 2018年4月6日(金)~4月20日(金)大会情報はこちら

...
9
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

なでしこジャパン 男子高校生との合同トレーニングで連携を強化 #jfa #nadeshiko #daihyo #なでしこ

なでしこジャパンはトレーニングキャンプ3日目の22日(木)、午前中のトレーニングをキャンセルして、午後に日本体育大学柏高校との合同トレーニングを行いました。 日体大柏高との合同トレーニングは、今後対戦するヨーロッパ勢のロングキックや裏のスペースに抜けるスピードの対策として、主に守備面でのコンセプトの共有とその実践を目的に実施。日体大柏高の選手たちに対戦相手役になってもらい、陣形が整った状態から裏のスペースに蹴られた時のボールへのアプローチや、前線の選手の戻り方などを確認し、最後は20分ハーフのゲームを行いました。ゲーム中、日体大柏高も意図的に長いボールを縦に放り込むなど、こちらの狙いを汲んでくれました。押し込まれる時間が長いものの、ディフェンスラインからのビルドアップでは中盤の選手が軸となってパスを繋いでゴール前に迫る機会も作り出し、選手も一定の手応えを感じている様子でした。 選手コメント GK #1 池田咲紀子 選手(浦和レッズレデイース)ゲームではクロスから2失点ということで、どちらも同じ形でやられてしまいました。海外チームやレベルの高いチームでは必ず入ってくるボールで、結果的にはもっと良い準備をして対処できたのではないかという反省もあります。ただ、この男子とのトレーニングでは守備のコンセプトを確認しながらのゲームでしたので、すぐにできるようになるものではありません。もう少し取り組みながら、試合を重ねてできるようになればといい思います。アルガルベカップに向けて自身の準備は今までと変わるものはありませんが、今年はこうして国内で4日間準備することができ、チームとして確認ができたことはとてもよかったです。アルガルベカップで優勝を目指しているこのチームにとって、良い時間だったと思います。 FW #11 田中美南 選手(日テレ・ベレーザ)トレーニングマッチでは、バイタルエリアではボールを受けることができましたが、その後の最後の1列を崩す部分ではまだまだ課題が残りました。しかし、守備のコンセプトやフォワードが戻るべき位置、コンパクトに守ることなど、チームとして意識できたことはよかったと思います。フィジカルに勝る男子を相手にもやれた部分があり、手応えも感じています。アルガルベカップに向けて良い準備をすることができました。 スケジュール 2月20日(火) 16:00 トレーニング(柏の葉公園総合競技場)【一般公開】 2月21日(水) AM/PM トレーニング【一般非公開】 2月22日(木) AMPM トレーニング【一般非公開】トレーニングマッチ vs 日体大柏高【一般非公開】 2月23日(金) AM トレーニング【一般非公開】 2月24日(土) PM トレーニング 2月25日(日) AM/PM トレーニング 2月26日(月) AM/PM トレーニング 2月27日(火) AM/PM トレーニング ALGARVE CUP 2018 2月28日(水) 15:40 グループリーグ 第1戦 vs オランダ女子代表(Estadio Municipal da Bela Vista) 3月1日(木) AM/PM トレーニング 3月2日(金) 15:25 グループリーグ 第2戦 vs アイスランド女子代表(Estadio Municipal da Bela Vista) 3月3日(土) AM/PM トレーニング 3月4日(日) AM/PM トレーニング 3月5日(月) 15:40 グループリーグ 第3戦 vs デンマーク女子代表(Estadio Algarve) 3月6日(火) AM/PM トレーニング 3月7日(水) 調整中 順位決定戦 ※時間はすべて現地時間※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。 アルガルベカップ2018 大会期間:2018年2月28日(水)~3月7日(水) なでしこジャパン(日本女子代表)戦:第1戦 2月28日(水) 15:40(日本時間:24:40)vs. オランダ第2戦 3月2日(金) 15:25(日本時間:24:25)vs. アイスランド第3戦 3月5日(月) 15:40(日本時間:24:40)vs. デンマーク 全試合をフジテレビ系列にて全国生中継(一部地域を除く) 大会情報はこちら

...
10
JFA|公益財団法人日本サッカー協会 : なでしこジャパン

MS&ADカップ2017 スイス女子代表 来日メンバー なでしこジャパン(日本女子代表)対スイス女子代表(10/22@長野Uスタジアム) #jfa #nadeshiko #daihyo

監督 マルティナ・フォッステックレンブルク 選手 GK1 ゲール・タルマン(アタランタ・モッツァニカ/イタリア)21 セライナ・フリードリ(FCチューリッヒ) DF9 アナマリア・クルノゴルセビッチ(1.FFCフランクフルト/ドイツ)14 ラーヘル・キビッチ(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム/ドイツ)4 ラーヘル・リナスト(FCバーゼル1893)5 ノエレ・マリッツ(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)2 ヤナ・ブルンナー(FCバーゼル1893)15 ユリア・シュティールリ(FCチューリッヒ)3 カロラ・ファセル(BSCヤングボーイズ) MF22 バネッサ・ベルナウアー(VfLヴォルフスブルク/ドイツ)10 メラニー・ミュラー(BSCヤングボーイズ)13 リア・ベルティ(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム/ドイツ)17 フロリヤナ・イスマイリ(BSCヤングボーイズ)18 ビオラ・カリガリス(アトレティコ・マドリード/スペイン)20 レスリー・ラムザイアー(FCチューリッヒ)7 マリレナ・ビドマー(BSCヤングボーイズ)24 ララ・イェンツァー(FCアーラウ)8 アリシャ・レーマン(BSCヤングボーイズ) FW16 カロリネ・ミュラー(グラスホッパー)19 エセオサ・アイグボグン(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム/ドイツ)23 カミッレ・スルデス(BSCヤングボーイズ)6 ジェラルディン・ロイテラー(FCルツェルン)  スケジュール 10月17日(火) PM トレーニング 10月18日(水) AM トレーニング 10月19日(木) AM/PM トレーニング 10月20日(金) AM トレーニング 10月21日(土) PM 公式記者会見・公式練習 MS&ADカップ2017 10月22日(日) 16:30 MS&ADカップ2017 vs なでしこジャパン(長野Uスタジアム) 10月23日(月) PM トレーニングマッチ vs なでしこジャパン【一般非公開】 ※スケジュールは、チーム事情等により急きょ変更・中止する場合があります。   2017/10/22(日) 16:30キックオフ(予定)なでしこジャパン(日本女子代表)対 スイス女子代表長野/長野Uスタジアム 大会情報はこちら

...

このページのトップへ